パリ旅行記 (あとがき)

b0183335_1901550.jpg

                ルーブル美術館 カルーゼル広場の逆ピラミッド
パリ旅行記前編はこちら

パリ旅行記後編はこちら

今回のパリ旅行は、一年前から漠然と考えていました。
台湾生活ならではなのですが、旧正月のお休み約10日間を利用しての旅行です。
いつもまとまったお休みの時は、子供たちや家のことがあるので、
日本に帰る事になります。
しかし日本のお正月に合わせて帰国したばかりなので、旧正月は全くのフリーになります。
かといって、たいていのお店がお休みになるので、台湾に居ても・・・と、
昨年は「アンコールワット 3泊4日の旅」に出かけました。
去年はまだ慣れないこともあり、旧正月を体験したいという思いもあり、
3泊4日にしたのですが、10日間のお休みをもてあましてしまいました。
「だったら 寒い時期だけどあこがれのパリにも行けちゃうねっ!!?」
それからガイドブックを買って願っていました。笑
台中でいつも航空券をお願いしている旅行会社があり、
9月に友達とのソウル旅行のチケットを取りに行った時、
何気にパリの旅行を考えているのですが・・と言ってみました。
その時に エバー航空という台湾の航空会社を利用しての航空券、宿泊とのセット商品に、
「エリートクラス」というビジネスクラスとエコノミークラスの間のクラス席がある事を知りました。
座席シートはビジネスシートで、機内食サービスは、エコノミークラス、
追加料金が片道6000元(約18000円弱)と言うのです。
パリまでは12時間のフライトですが、「あの狭いところに・・」と
二の足を踏んでいたパートナー(以下P)に朗報です。
ただし週に3便しか運航していないし、旧正月のころはすでに予約が入っているので、
早急に予約が必要と言われました。
その時点で春節のお休みの時期を私はわかっていなかったので、
旅行会社の人に聞き、とりあえず予約を入れてもらいました。
日本と違って台湾は、出発2週間前までは予約キャンセルしても
キャンセル料がかかりません。
昨年2月のアンコールワット旅行の帰りに、「来年の春節(旧正月)は、パリへ」という願いが、
具体的になったのです。

実は、パリ旅行が突然我が家に舞い込んできた事が15年前にありました。
当時小学4年生であった我が息子が、年末商戦大抽選会で
「特賞パリ旅行」を当てたのです。
そういうご招待は、旅費の安い1月末の決行、それに当時の諸々の事情で、
Pが旅立ちました。それ以来 我が家ではあこがれのパリになったのです。
たぶんこれがきっかけで、娘は大学生の時に3回もパリを旅行する事になったのでしょう。
もちろん私もいつかは行きたい!と。
事前にパリの交通事情や見どころなどを聞いたりしていたので、
パリは個人旅行で大丈夫でした。
5年前にイタリア旅行(Pの永年勤続30年で旅行券を会社から贈呈された事と
私達の結婚25周年が同時に来た記念旅行)をした時は、
言葉も全くわからなかったので最初からツアーを利用して行きました。
楽しい旅行だったのですが、一番楽しかったのは、半日フリー時間を利用して、
自力で行ったピサの斜塔でした。
食事で一番おいしいと思ったのは、レストランの食事ではなく街角で買ったピザでした。
それと、台湾に来て約2年 わからなくても何とかなるかも・・・という経験は大です。

過ぎ去った楽かった旅行記を書きながら、再度旅をしている気分になりました。
本当に楽しかった~~!
念願だったパリを堪能できたことに心から感謝します!!

b0183335_1985423.jpg

                   オランジュリー美術館前広場
[PR]
by izumi_symphony | 2011-02-19 19:10 | 旅行