台湾語

台湾は中国語を公用としていて、台湾語 客家語 も使われています。
台湾に来て知ったのですが、台湾語が案外いろいろな場面で耳にします。
最初は、お年寄りが使っていて 
若い人はあまり使わないとの認識だったのですが、
いえいえ・・・・・

たとえば 日本人は割と中国語をマスターしている人が多いので、
聞かれたくない時には 台湾語を話すのです。
先日も 価格交渉をしているときに
お店の人同士で話しているのが台湾語で
一緒にいた日本人の知人は その台湾語を聞き取ることができました。
びっくりされ 爆笑 穏やかに握手 という運びになったのですが、
そんな場面は多々あるようです。

そして台湾語で話しかけたりすると とっても喜んでくれるとのこと。
なので日本人の間でも 台湾語を習う人がいるようです。

先日台湾語について新たな事がわかりました。
これは 台湾の政治歴史が絡んでくるのですが、
母国語は台湾語であるということです。
中国語や客家語は中国の言語なので
台湾語を見直す教育が最近始まったようです。
台湾の言語や文化について学ぶ時間を
小学校で週1~2時間行っているようです。
しかし台湾語は 音韻だけで、それを表記する文字はありません。
ややこしいのですが、
台湾語の音韻を漢字で表記するのだそうです。
一つの漢字で 中国語読みと 台湾語読み ・・・・・何と複雑・・・
日本語でも 音読みと訓読みがあるように 複雑になるのですね。 

とりあえず 台湾語は全くムリ~  というのが私の現状。笑


さて、私は今日から一時帰国をします。
チョット早めの 長ーい夏休みです。
えーっ 毎日がお休みじゃない??と家族の声が聞こえそう。
いろいろ充電して また戻ってきます。
またね。 
[PR]
by izumi_symphony | 2011-07-17 08:00 | 台湾生活