日本の外食チェーン店

日本の大手外食チェーン店が、台湾への出店が相次いでいます。
旅行に来てまで利用する人はいないと思いますが、私達赴任者には
日本の味を堪能できるので、とても重宝します。

「日式」と看板を掲げたお店は街の中にかなり多いのですが、
台湾の人の好みにした「日本料理風」なので、日本の味を期待すると
かなり裏切られます。笑

台北には、かなりの日本のチェーン店がありますが、
最近は台中にも進出し始めました。
しかし「吉野家」は、牛丼の汁の味が違います。
台湾人好みの薄味で あの独特の牛丼の汁の旨みが味わえずがっかりです。
先日オープンした「和民」は、期待通りの日本の味とサービスでした。

私達日本人としては、日本のお店なのだから 日本の味を と言いたいところですが、
多くの台湾人に受け入れられなくては存続しません。
最初は日本のラーメンを と看板をかけても
台湾の人には「味が濃い」と受け入れられないようで、閉店するか薄味にするか
という状況らしいのです。
北海道ラーメンの「山頭火」は、日本人従業員を派遣して
「日本の味と変わらない本格派」を掲げて台北に進出するようです。

台中に出来た 和民 は、台中に出来たばかりのデパートとショッピングモールの
レストラン街に出店しています。当然価格帯は、高めです。
定食やの「大戸屋」も日本よりは高めの設定です。
それは、素材の衛生管理や安全性のためとのことです。
とんかつの「さぼてん」も日本より高めの設定でしたが、
店内の雰囲気やサービス、味の面では満足でした。

日本のチェーン店はどこも大人気なので、
いずれ台湾のお店にも良い効果を期待したいところです。
[PR]
by izumi_symphony | 2012-02-29 21:56 | 台湾生活