台湾の交通事情

台湾の交通事情は、本当にびっくりです。
滞在五年めの今でもかなりの違和感。
特に気を付けたいのが、車優先で歩行者優先でないことです。

私たち日本人は、横断歩道は歩行者優先で、
安全なゾーンと認識しています。
ところが台湾では、いくら信号が青になっても
車が来るようだったら
その車が横切るまで待たなければいけません。
横断歩道の途中でも 車が来たら 歩行者はいったん停止して
車を優先させなければなりません。
乱暴な車ですと 横断歩道の歩行者の前を
結構なスピードで横切ることもあります。

とは言え、まれに譲ってくれることがあるので
ケースバイケース。

日本からの旅行者は、特に気を付けなければいけない点です。
横断歩道で 歩行者の前を横切ると びっくり仰天&怒りです。
が、異国ですから仕方がありません。

それから路上駐車がひどくてあきれてしまいます。
たとえばこんな風に 横断歩道でも停めたければお構いなしで駐車します。
b0183335_1532135.jpg

空いているスペースがあれば縦列駐車どころか 頭から突っ込んで駐車もしばしば。
高価な大きな車も まるで自転車を停めるように 路上にはみ出してもお構いなしです。
「だって停めたいんだもん!」

そして縦列駐車が片側2列にもなったりもします。
お店の前で買い物してる時が多いのですが。
外側に駐車した人が出れなくなったら クラクションで合図するか 大声で呼んだりしますが、
お互い様なのでトラブルになることもありません。

狭い道路でこんな状況だと直進の車にも迷惑千万ですが、
これもお互い様ということでしょうが クラクションを鳴らして怒ることもしません。

それと交差点に入ってから 右に行こうか左に行こうか決めるようで
当然ウインカーもなしでスロースロー。 笑
ウインカーがついていても その方向に曲がるとは限りません。
交差点に入ってから、気づいて全く逆の方向に行く場合もありますので・・・・

バイクがこれまた大変な集団!
信号待ちしてると たいてい前に出てきます。
それと狭い隙間にどんどん入ってくるので、びっくりです。

こんな感じなので 日本人で運転している人は
かなりイライラするか、車の中で怒鳴っていることでしょう。

危険予知感覚が人それぞれだとは思いますが、
お国柄も加わって 笑ってしまうしかありません。
当然私たちは異国人ですから、その国の事情に慣れるしかありません。
b0183335_15111074.jpg



先日大きな交差点の横断度道での道路工事現場では、
こんなきたない(失礼!)みすぼらしいお人形にお任せして
誘導員はいませんでした。これもびっくりです。
危険からの回避は 自己責任 なのです。



車ばかりではありません。歩行者もひどい。。。
信号を守らないし 横断歩道以外でも渡りたいところで渡る。
最初見たときは 自殺行為 としか見えませんでした。
しかしそこは 台湾人同士 阿吽の呼吸というものが、
事故には至りません。 不思議~!!
信号無視は、バイクも同じです。人がいなければたいていGO!!

先日台湾人のお友達と交通ルール―の話になって
いつもの怒りを主張してみました。
笑って そうそうそう。。。と。
でも子供は学校で、交通ルール―を習ってるよ!と。
え~~っ!なのに子供をバイクに乗せて親が信号無視してるの?と言ってみたが、
ただの笑い話的な感じでした。

ふーっつ。
[PR]
by izumi_symphony | 2013-10-16 15:12 | 台湾生活