「ママ、ごはんまだ?」 一青 妙著

b0183335_14485047.jpg
著者 一青 妙(ひとと たえ)は、
台湾屈指の名家「顔家」の長男の父と日本人の母との間に生まれました。
現在日本では、歯科医、女優、エッセイストとして活躍しています。

14歳で父と死別し23歳で母(享年48歳)と死別している
著者が、ある日突然亡き母のお料理レシピを発見し、
台湾料理と家族のことを綴った本です。





私と親しくしている台湾人のお友達は、
ほとんど台湾料理を作ることに対して熱く語る人はいません。笑
何処のお店のあれが美味しいとか、
どこそこの市場のどこのお店が安くておいしいとか・・・・
朝から三食 つまりほとんど外食か外帯(テイクアウト)なのです。

台湾赴任が決まった時に一番期待したのが お料理です。
ご当地の美味しい料理をいくつか覚えたい とワクワクしました。
たぶん周囲の人にもそんな豊富を語った記憶があります。
言葉の壁は不安でしたが、お料理なら何とかなるのでは との期待!
しかし残念ながら知り合った人は上記のような有様で、
本当にがっかりでした。

台湾は大家族制で、土日や行事ごとに家族や親戚が集まって
食事をする習わしなので、もともとは自分の家で作っていたと思うのです。
お友達もお母さんは作ったけど、今は買うほうが安い、と言います。
それに台湾の女性は、ほとんど働いているのですごく忙しい。
高齢になったお母さんは、台所に立つことが困難になってるし、
若い世代は、ほとんど共働きで忙しいという社会現象が原因のようです。

これは日本も同じで、私世代までは、専業主婦でいられたので、
ほとんど食事は家庭で作る事が常識です。
思えば学生時代から、親元を離れた機会にお料理に目覚めたり、
自宅から通っていた友達も、家に招いては数少ないレパートリーの
得意料理をごちそうしてもらった思い出があります。

でも、これからの新家庭は、たいていは共働きということになると思うので、
いつかは日本の家庭料理も衰退してしまうのか心配です。
希望としては 女性ばかりではなく是非男性も参加して
日本の家庭料理を維持してほしいと思います。


本題に戻り・・・・笑
この本には 著者のお母さんが 慣れない台湾生活の中で覚えた
台湾料理のレシピがたくさん載っています!!
こういうの知りたかったのよね~!
著者は、
「時々台湾に来て、懐かしメニューを注文してみるけど
お母さんが作った味とちょっと違う」と言っています。
台湾の高齢者のママたちも、テイクアウトの味に不満なのかも・・・

実際しばらく台湾で生活してみると
日本人の私は、どうしてもなじめない味と香りがあって、
最近ではもっぱら家で和食党になっています。
赴任したばかりのころの 台湾料理を覚えたい! 意欲は下降気味でした。

でもこの本を読んで、また上昇してきました。
日本人の味覚にあった、台湾料理をあと少し覚えたいと思います。


先日少しだけ一時帰国をした際に、子供たちに家ごはんのリクエストを
聞いてみました。
笑ってしまうほど、予想的中!  でも嬉しかった。
何かの方法で、「我が家の家ごはんレシピ」をまとめてみるのも
いいかもしれないと思いました~
[PR]
by izumi_symphony | 2013-11-18 16:01 | 台湾関係書籍