台東旅行

台東に一泊で行ってきました。
久々の台湾国内旅行です。
周りの台湾人の知り合いに 台東に行くことを伝えたら
「ふーん。行ったことないな・・・」との反応。
行く前からあまり期待できなさそうとの予感。
確かにネットを見ても観光地らしいところは見当たらず 
ガイドブックを見てもそそわれるフレーズもありません。

一昨年太魯閣渓谷に行ったときに 台東回って帰ることを検討したのですが、
すごく時間がかかるので断念しました。
なので、東の部分を半分しか行っていない気がして、
機会があったら行ってみたいとずうっと思っていました。

行程は、台中→高雄 (高鐵 新幹線利用)実際は左営が新幹線の駅終点なので
           左営から高雄まではMRT利用
    高雄→知本(台東一つ手前の温泉地) 台鉄の自強號利用
台鉄の指定券とホテルだけは事前に予約しておきました。
b0183335_16142761.jpg


台中から新幹線で左営は、台湾に来た年に行きました。
やはり来た当初はフットワークが軽かった!!
左営から高雄までは地下鉄MRTに乗ったのですが 「悠々カード」が使えずびっくり。
まあ日本でもどこでもパスモが使えるわけじゃないしね。

高雄から台鉄の線は、南廻線 といい1991年に開通したらしい。
b0183335_16203315.jpg

途中山岳地帯を走るので、トンネルが35個もあります。
トンネルを抜けても山と木しか見えないところを永遠に走ります。
ガイドブックには 「3分の1が闇の中を走る」とありますが、本当にそんな感じです。
一人では不安になるような山越え列車です。
やがて海が見えてきてホットしました。
きれー!!!
b0183335_16453060.jpg


2時間の列車の旅は、まさしく「秘境ムード満点」でした。

このあたりは、、果物「釈迦頭」 の名産地です。
車窓から見えた畑に、袋をかぶせたり
黒いネットで遮光しているのが見えました。
このあたりで採れる「池上米」は、台湾で最もおいしいと言われています。


また、台東付近は温泉がたくさんある所で、その中でも有名なのが知本温泉です。
b0183335_165331.jpg

「老爺知本ホテル」は、リゾートホテルでは一番きれいで充実しているようなので
予約したのですが、知本駅で降りた乗客数人は、みんなこのホテルの
送迎バスに乗りました。笑
b0183335_1653178.jpg

b0183335_16564230.jpg


荷物をホテルに預け しばらく散策しました。
が、見渡す限り山ばかり。。。。
b0183335_16553928.jpg

b0183335_1656937.jpg


夕飯はバイキング式の西洋、中華、日本料理でした。
食後は、原住民パユマ族の 踊りや歌の催しものがありました。
台東地区は、台湾でも一番原住民の多い地区です。
いくつかの部族が住んでいるらしいのですが、今日のショーはパユマ族です。
b0183335_1702526.jpg


生活慣習を紹介しながらの子供たちの踊りは、
とてもかわいくて楽しいひと時でした。
b0183335_1715277.jpg

ちゃんと中国語と英語と日本語で挨拶、説明してくれます。
最後に抽選会があったのですが 何と一番違いで ハズレでした。

翌日は ホテル敷地内でパターゴルフに興じたり、
原住民の手作りの トンボ玉 などを買い物したりしてのんびりしました。
b0183335_1725975.jpg


午後の電車で往路と同じルートで帰りました。
b0183335_2111359.jpg



今回の旅は、特に景勝地を堪能したわけではないのですが、良い旅でした。

台湾は、九州とほぼ同じ面積ですが、中央から東に山々がそびえてて、平地が西部に偏っています。
東部は海岸線と山岳地帯が至近距離にあります。そしてよく台風が上陸するので、土砂崩れも頻繁です。
そんな地形なので、当然新幹線も作れないし、工業も発達しない地方です。
私たちは普段ほとんど台湾の西側で生活しているし、観光もほとんど北部と西部にあります。
実際に足を運んで、東部と西部の違いを体験してきました。

どの国にも歴史があり、どうすることもできない自然があります。
そしてそこでの人の営みの有様を感じる いい旅 でした。   
[PR]
by izumi_symphony | 2013-12-08 17:11 | 台湾観光