中国語の授業終了!

先週で中国語の授業を終了しました。
b0183335_15503965.jpg
語学は苦手分野ですが、
海外旅行に出るたびに、英語の必要性を痛感して、
学ぶ意識だけはありました。
でも、中国語は全く興味もなく必要性もなく・・・

台湾に赴任したからには、学ぶ必要があり
それから週に2時間 台湾にいる限りマンツーマンで学びました。


周りからは、
「それだけ台湾に居るんだからもうペラペラでしょ?!」と言われ
「居るだけでペラペラになれるんだったらいいなあ」 と心で思っていましたが
反論できず・・・笑

たぶん・・・・劣等生です。
こんだけ学んだら、ずいぶんと上達したでしょう。
しかし、本来の語学のセンスがないのか「ペラペラ」にはならず・・・笑

ただ、真面目に取り組んだことは間違いなし。
学ぶうちに 面白いと思うようになり、
教えてもらうことに対して、私なりの礼儀みたいなものがあるので、
それだけは貫いたつもりです。

以前大人の人に書道を教える機会があったのですが、
彼女たちは家で練習する時間がないからと平気で言っていました。
当然上達などする訳がないし、習う意味がない、
もっと言わせていただくと 失礼だな と思ったものでした。

能力の個人差、目指す個人差はあるので、
当然上達は様々なのは致し方ない。
時間と労力、経費を使うのだから
学ぶ側としては、教える側に失礼のない様にしたい
と思ってきました。

劣等生ではあっても、次第に相手の言うことがわかるようになり、
いつの間にかお友達ともおしゃべりができるようになったこと。
これは私にとって大きな自信と喜びになりました。

中国語は、四声があるので正しく言ってるつもりでも
本当に通じません。
それでも何度も繰り返して言ってみたり、言い方を変えてみたりしているうちに
何とかなるもの・・・です。

語学について語るほど身についていないのですが、
環境に慣れること、人に慣れること、言語の音に慣れること
そして努力をし続ければ、何とかなるということを
還暦を前にして学んだことは かなり大きい 収穫です!!
[PR]
by izumi_symphony | 2014-03-13 15:54 | 台湾生活