人気ブログランキング |

カテゴリ:台湾観光( 36 )

「小籠包の達人になる旅」という面白そうな一日ツアーを見つけたので、一人で参加しました。
「おいしい豆干と豆花で有名な大渓老街と
蒋介石の眠る慈湖も訪れます♪」 と。
そう!!慈湖はとても美しいと聞いていましたが
交通が不便なところで、あきらめていました。

台北駅に9時15分集合とのこと・・・
台中から朝早く出れば間に合いますが、前泊することにしました。
なのでちょっとした 一人旅・・・

当日は、あいにくのくもり空で、少々寒い。
参加者は、日本から3連休を利用して台湾旅行に来ている11人と私の12人。
台湾がこんなに寒いと思っていなかったと。そうですよね・・・

最初は、台北からバスで一時間程のところにある慈湖へ。
b0183335_2124160.jpg

聴いていた通りとても美しい!!
b0183335_2153185.jpg


そして蒋介石が眠る陵寝
b0183335_20354178.jpg


蒋介石親子のご遺体が安置されているところです。
b0183335_2114591.jpg


衛兵交代式の時間に間に合いました
b0183335_2036472.jpg

蒋介石の像を台湾国内から集められた公園
ちょっとこのあたりが台湾ぽい。
b0183335_2037483.jpg

b0183335_20382721.jpg


今一度慈湖をじっくりと眺めました。
b0183335_2040848.jpg



それから大渓老街へ
b0183335_2040526.jpg

歴史を思わせる老街で、お手入れがいいのか
建物が美しい!
b0183335_20412019.jpg


日本が統治していたころの建物が残っている
中山路まで足を延ばしました。
b0183335_2042164.jpg

b0183335_2043751.jpg


名物の豆花
b0183335_2181188.jpg

かなり生姜の味が濃かった。

豆干は、小皿に千切りしてあるものを食べたことがあったのですが
こんなに大きいのをそのまんま食べるには初めてです。
豆腐の水分をとり 燻製状態にしてある感じです。
じわっと豆の味がして美味しかった!
b0183335_2044359.jpg


結局お昼ご飯は 豆花と豆干 となり
おなか一杯なのにヘルシーです。

この大渓老街では90分の自由行動だったのですが
私は一人参加だったので、主催している添乗員と
取材を兼ねて参加している方と同行しました。
なので豆干のお店は、地元の方に直接聞いて
お薦めのお店を紹介してもらいました。

b0183335_20452315.jpg

b0183335_20455595.jpg


なーるほど、こうやって取材するのね・・・・
ネイティブ過ぎる中国語で、よーく話しかけていました。



次は観光工場 「點水樓」へ。
b0183335_20473063.jpg

さていよいよ小籠包作りです!

興味津々ですが どこまで教えてくれるのか・・と思いきや
皮の上に出来上がりのお肉が乗った状態まで用意されていて
体験するのは包み方です。
それはそうですね・・・短時間で素人に体験させるわけですから。
それでも日本語で書いたレシピを頂けたので、それだけでラッキー!!!
そして記念撮影までついています。笑
b0183335_2185538.jpg


大好きな小籠包のあの肉汁の正体は
にこごり だったのです!!
にこごりは、どうやって作るのかが課題です。

それからあの皮をいかに薄くするかです。
にこごりと皮が理想通りに行けば美味しい小籠包ができることが
わかりました。

包み方を教わって、何とか仕上げました。
自分で包んだ小籠包をあっという間に蒸してもらって
試食!!格別美味しい!
b0183335_21102614.jpg




台湾赴任最後の観光旅行は
とても楽しく充実していました。

なかなかいい時期にいい企画とめぐり会わないので
今回のツアーに参加できて本当によかったと思いました。

ツアー企画は 台北ナビ でした!!
日本人向けにきめ細かい情報満載なので
赴任当初から利用しています。
ホテルの予約も簡単だし、確実なのでお薦めです。
by izumi_symphony | 2014-03-24 21:33 | 台湾観光
7日~9日二泊三日で、娘とお友達二人
プラス 1歳4か月の小さいかわいいお客さんKちゃんを
お迎えしました!

Kちゃんは海外旅行初です。
にこにこ笑顔がかわいくて
しかもおとなしいので、娘たちのマスコット!!


当然2泊なので遠出はできず、
市場に行ったり 台湾ならではの食事をして楽しんでもらいました。
娘のお友達二人も台中は初めてだったので、
小籠包や魯肉飯など堪能してもらいました。

子育て真っ最中のお友達と
シングル真っ最中の娘たちの旅行ぶりを見て、
ほほえましく思いました。
上手にKちゃんのお世話を手伝ったり、
抱っこをしたりと・・・・
環境が違っても、上手に遊べて羨ましい。


今回のお客様は13組目 31、32 33人目のお客さんでした。
私たちは4月2日に完全帰国になります。
なので台湾にお迎えするお客さんはこれが最後です!
by izumi_symphony | 2014-03-10 19:48 | 台湾観光
新しい年になって随分経ちますが、初ブログ更新です。
年末から台湾の新年すぎまでの1ヶ月半強を日本で過ごしました。

日本は45年ぶりの大雪となり、
成田空港へのアクセスが全て長時間にわたりストップしてしまい、
大混乱でした。
2月13日に降雪の隙間をぬって、台湾に戻りました。
いやー、台湾も寒い!!!

今回は学生時代の友達を連れての帰台でした。
台湾に赴任する2、3年前に、
所属する書道団体の旅行で一緒に台北に来たことがりました。
その後私が台湾にいる間 彼女は4人のお孫ちゃんに恵まれ
自営業、親の介護と超多忙の毎日。
ずうっと来て欲しかったので、今回来れたのは本当に嬉しい限りでした。
夕方台中について 北京ダックで ウェルカムディナー。

そして次の日は日月潭へ。
この日はあいにくの雨模様、こんな風景は初めてでした。
b0183335_18495441.jpg

霧の中のロープウェイ
b0183335_18584914.jpg

何度か見た光景が お天気次第で全く違う!
b0183335_1905561.jpg


あいにくの天気でしたが 雲海 に出会いました。

その後は 私たちの生活圏を案内したり
台北に移動し故宮博物院や足裏マッサージをして楽しみました。

以前台北観光を経験したこともあり
観光というよりは、私の台湾生活ぶりを見てもらいました。
アテンドしている感は全くなく(笑)、
ひっさしぶりに楽しく過ごした4泊5日、
ほとんど学生に戻った日々でした。

今回は12組目 30人目のお客さんでした!
by izumi_symphony | 2014-02-22 19:23 | 台湾観光
台東に一泊で行ってきました。
久々の台湾国内旅行です。
周りの台湾人の知り合いに 台東に行くことを伝えたら
「ふーん。行ったことないな・・・」との反応。
行く前からあまり期待できなさそうとの予感。
確かにネットを見ても観光地らしいところは見当たらず 
ガイドブックを見てもそそわれるフレーズもありません。

一昨年太魯閣渓谷に行ったときに 台東回って帰ることを検討したのですが、
すごく時間がかかるので断念しました。
なので、東の部分を半分しか行っていない気がして、
機会があったら行ってみたいとずうっと思っていました。

行程は、台中→高雄 (高鐵 新幹線利用)実際は左営が新幹線の駅終点なので
           左営から高雄まではMRT利用
    高雄→知本(台東一つ手前の温泉地) 台鉄の自強號利用
台鉄の指定券とホテルだけは事前に予約しておきました。
b0183335_16142761.jpg


台中から新幹線で左営は、台湾に来た年に行きました。
やはり来た当初はフットワークが軽かった!!
左営から高雄までは地下鉄MRTに乗ったのですが 「悠々カード」が使えずびっくり。
まあ日本でもどこでもパスモが使えるわけじゃないしね。

高雄から台鉄の線は、南廻線 といい1991年に開通したらしい。
b0183335_16203315.jpg

途中山岳地帯を走るので、トンネルが35個もあります。
トンネルを抜けても山と木しか見えないところを永遠に走ります。
ガイドブックには 「3分の1が闇の中を走る」とありますが、本当にそんな感じです。
一人では不安になるような山越え列車です。
やがて海が見えてきてホットしました。
きれー!!!
b0183335_16453060.jpg


2時間の列車の旅は、まさしく「秘境ムード満点」でした。

このあたりは、、果物「釈迦頭」 の名産地です。
車窓から見えた畑に、袋をかぶせたり
黒いネットで遮光しているのが見えました。
このあたりで採れる「池上米」は、台湾で最もおいしいと言われています。


また、台東付近は温泉がたくさんある所で、その中でも有名なのが知本温泉です。
b0183335_165331.jpg

「老爺知本ホテル」は、リゾートホテルでは一番きれいで充実しているようなので
予約したのですが、知本駅で降りた乗客数人は、みんなこのホテルの
送迎バスに乗りました。笑
b0183335_1653178.jpg

b0183335_16564230.jpg


荷物をホテルに預け しばらく散策しました。
が、見渡す限り山ばかり。。。。
b0183335_16553928.jpg

b0183335_1656937.jpg


夕飯はバイキング式の西洋、中華、日本料理でした。
食後は、原住民パユマ族の 踊りや歌の催しものがありました。
台東地区は、台湾でも一番原住民の多い地区です。
いくつかの部族が住んでいるらしいのですが、今日のショーはパユマ族です。
b0183335_1702526.jpg


生活慣習を紹介しながらの子供たちの踊りは、
とてもかわいくて楽しいひと時でした。
b0183335_1715277.jpg

ちゃんと中国語と英語と日本語で挨拶、説明してくれます。
最後に抽選会があったのですが 何と一番違いで ハズレでした。

翌日は ホテル敷地内でパターゴルフに興じたり、
原住民の手作りの トンボ玉 などを買い物したりしてのんびりしました。
b0183335_1725975.jpg


午後の電車で往路と同じルートで帰りました。
b0183335_2111359.jpg



今回の旅は、特に景勝地を堪能したわけではないのですが、良い旅でした。

台湾は、九州とほぼ同じ面積ですが、中央から東に山々がそびえてて、平地が西部に偏っています。
東部は海岸線と山岳地帯が至近距離にあります。そしてよく台風が上陸するので、土砂崩れも頻繁です。
そんな地形なので、当然新幹線も作れないし、工業も発達しない地方です。
私たちは普段ほとんど台湾の西側で生活しているし、観光もほとんど北部と西部にあります。
実際に足を運んで、東部と西部の違いを体験してきました。

どの国にも歴史があり、どうすることもできない自然があります。
そしてそこでの人の営みの有様を感じる いい旅 でした。   
by izumi_symphony | 2013-12-08 17:11 | 台湾観光
6月に入ってすぐに 11組目のお客さんをお迎えしました!
私たちの故郷に住むおじ、おば夫妻と義妹です。

私たちは、早くに4人の親を見送ってしまい、
台湾の人達がお年寄りを囲んで食事している光景を見るたびに
寂しい思いをしていました。

今回おじとおばが台湾に来てくれる事になり本当に嬉しかったです。

みんな山形県在住なので、仙台空港利用となりました。
一日目は移動のみとなり 2日目は台北市内観光のオプショナルツアーに
参加してもらい、それが終わった頃にホテルに迎えに行き、
台中にご案内することから 私たちのアテンドが始まりました。

最初の夕飯は やっぱり小龍包。
海老入りチャーハンや青菜 ワンタンなども大人気!
これは日本では食べられない美味しさです。
ホテルにチェックインしたあとは 我が家に来て貰い
旬のライチを味わってもらいながら 久しぶりのトークタイム。。。。

翌日は、日月潭へ。
ロープーウェイで上空からの眺めを案内したかったのですが、
あいにく点検のためお休みとのこと。(^-^;
急遽遊覧船に乗ることにしました。
b0183335_23421289.jpg


残念ながら日月潭のガイドは、全くわからず。。。。。
b0183335_23425180.jpg

b0183335_23431490.jpg


50分くらいの遊覧後 昼食は魯肉飯!
b0183335_23435481.jpg


日本人にとっては、台湾式の飯館の雰囲気、食器など
ちょっとびっくりですね。笑

その後南投県の微熱山丘パイナップルケーキ屋さんへ。
実はおじは、菓子職人!
一個もらったパイナップルケーキを食べて
「生地がうまくない」と。
そうそう、私たちも台湾のお菓子にすっかり慣れてしまいましたが
バターの味が淡白なので、コクがない感じ。
これが台湾のお菓子の特徴です。

茶藝館 無為草堂 へ。
b0183335_23442721.jpg


お茶をゆっくり入れてもらい
高山茶を味わってもらいました。
ここは、本当に寛ぎます。
夕方だったので、一層素敵。


夕飯はエバーグリーンホテルの中華料理店へ。
フカヒレスープ!これも台湾ならでは!
スープのお味も気に入ってもらいました。
台湾の紹興酒も美味しいー!
b0183335_23451157.jpg


夜は多少涼しいので、少し歩いてホテルへ戻りました。

次の日は・・・・・
市場にご案内。市場もかなり珍しい!
台湾生活を見てもらうには欠かせない。
ドライマンゴーをお土産にしたいということで探しました。
実は今は、ドライマンゴーがない時期。
生のドライマンゴ-最盛期にドライにするので、
去年のマンゴーで作ったドライマンゴーは売り切っている時期です。
諦めかけたとき あるお店にありました!!
残り全部を買い占める感じでした。笑
肉厚で自然の味がして美味しいのです。
義妹は以前台湾に来たとき、空港で買ったのが美味しくなかったとのこと。
そうそう、包装は綺麗なんだけどね・・・・

その後鹿港に行き 老街 を見学。
b0183335_23454859.jpg

b0183335_23461350.jpg

あいにく小雨だったので、雰囲気を味わってもらい、台中に戻りました。
昼食は、私たち行きつけの 海鮮レストラン。

お土産をたくさん買い込んで、我が家で休憩。
山形土産をいただいた大きなトランクに、
台湾土産で一杯になりました。

みんなで台北に移動して最後の夕飯は、
心ゆくまで 小龍包。
最近気に入っている 中山区の「金品茶樓」
トンポーロー入りの通称「台湾ハンバーガー」を
食べて欲しかったのです。もちろん絶賛!

夕飯後解散となりました。

70歳後半ということもあり、台湾の暑さが心配でしたが、
食事もお酒も美味しく、
台湾を楽しんでいただいたようです。

台湾は近いと言いながらも海外なので、
なかなか来れないのが実情です。
私たちが台湾に赴任中というきっかけで
台湾を楽しんでもらって本当に良かった~

おばの姿に 亡き母の思いを重ね合わせた良い時間でした。


さて、12組めのお客様はどなたでしょうか?!
by izumi_symphony | 2013-06-13 23:28 | 台湾観光
台中の郊外東勢区の后豊鐵馬道に行きました。
台中から車で一時間くらいです。

誘ってくれたのは、
私が台湾に来て一番最初に知り合った台湾人で、
中国語の最初の先生です。
現在は、ほかの先生に変わりましたので、今はお友達関係です。

昼食は「小吃」を希望しましたが、いろいろ食べれる 飯館で。
b0183335_17232712.jpg

台湾の水餃子は、皮がもちもちしてて美味しい!
b0183335_1724860.jpg

小皿菜はほとんど20元30元のなのにこんなに量が多い!
b0183335_17224125.jpg

左は昆布と干豆 右は空芯菜
これに好みの麺類を。
一人100元くらい。

鉄道の古い駅舎を改造した文化館のあたりを散策しました。
b0183335_17245465.jpg

最近お花がよく咲いています。
b0183335_17251748.jpg

b0183335_17253885.jpg

これは木れん
b0183335_1725536.jpg




そして目的の后豊鐵馬道 
鉄道の跡をサイクリングロードに整えています。
鉄橋ありトンネルありで、こういうサイクリングロードは初めてです。
10年ぶりくらいで自転車に乗りました。笑
b0183335_1727710.jpg


この日は、曇り空でラッキーでした。
太陽が出ていたらきっと途中で断念したと思います。
気持ちよく2時間くらいサイクリングを楽しみました。


帰りは、石岡ダムを見ました。
b0183335_17274527.jpg

このあたりは14年くらい前に起こった921大地震で
大被害にあったところだそうで、
復興後に綺麗なダムになったそうです。

ガイドブックなどにはないし、教えてもらわなければ
きっと行くことがなかった所に行けて楽しかったー!
感謝、感謝!!
by izumi_symphony | 2013-03-24 17:30 | 台湾観光
日本から友達二人が台北に遊びに来てくれました!
この時期は日本からの観光客が大変多いようで
2泊3日の旅となりました。

【 一日目 】

日本を朝の7時半頃のフライトで、
午前中に台北到着で二人はすぐに
市内観光のツアーに参加しました。
効率よく回るには、やはりプロにお任せ~

夕方宿泊先のホテルで合流!
去年の夏以来の再会でした。

早速夕飯へGO!
最初はやっぱり「小龍包」、中山「金品茶楼」へ行きました。
オーダーし終わってすぐの話題は、何とスマホの海外での使い方。
今や本当に必需品ですね~。

熱々の小龍包 海老蒸し餃子 東坡肉の包み 空芯菜 蟹みその豆腐鍋
それに台湾ビール
を三人で美味しく楽しくいただきました。

それから二人のホテルのお部屋におじゃまして
母親トーク 女子トーク 
私たちの出会いが 娘たちのPTA関係なので
母親の話題が中心だったかな?(初日だし・・・・)

二人は朝5時前に家を出たということで 早々と解散


【 二日目 】

台鉄で 鶯歌 へ!
ローカル電車に乗るのは、個人旅行ならでは。
b0183335_157579.jpg

b0183335_14575114.jpg


この日は、太陽がカンカン!
途中のジューススタンドで フレッシュフルーツジュースを買ったのですが
待つこと、待つこと・・・・
ほかのお客様は穏やかに待っていらっしゃるので、私たちも見習って・・・
日曜日とあって、野菜やお肉の販売店が多く出ていて
本当は 台湾の市場 をご案内したかったのでしたが、
もうここで見学できました。

老街に到着し お店を見て回りました。
お茶碗 湯呑 お皿 などなど・・・・
こんな可愛い鉢との出会いがありました。
b0183335_14582294.jpg

b0183335_14583463.jpg



台北に戻り 昼食。
お昼は2時までと2件のレストランに断られたあげく
どうにか ビーフンと炒麺などにありつけホットしました。

そしてこれは是非味わって欲しかった
春水堂のタピオカミルクティ!
台湾らしい店内でゆっくりしたかったのですが
混んでいて断念。
外帯(テイクアウト)して、近くの公園で休みました。
b0183335_14585863.jpg


夕方から 「九份」 へ。
日本で申し込んでくれたツアーに便乗しました。
何とこの日はこの会社のツアーだけで観光バス6台!!
当然ほかの旅行会社のツアーもあるので、
すごい混み様でした。
b0183335_14592244.jpg

やはりあそこは夜景が風情があるので、夕方から集中しますね。
b0183335_14593336.jpg


そのあと夜市へ
b0183335_14595064.jpg

日本では見られない夜市
ここは、私も初めてだったのですがすごい賑わいでした。

暑さが加わると疲れが倍増し、ホテルに戻りました。

【 三日目 】

最後の日は 故宮博物院のみとしました。
夕方遅めのフライトなので、ゆっくり。。。
私的には この故宮博物院が、台北観光の要と思っています。

b0183335_1503161.jpg


案の定激混みですが、ツアーガイド付きの団体さんの参観は
時間がすごく短い。
しかも 有名な「白菜」や「豚肉の角煮」以外は空いています。
一通り見て回ったあとは、ミュージアムショップで買い物。

昨日お昼時間で失敗したので 今日はあらかじめ予約をしました。
圓山大飯店の飲茶セット、旅の最後の食事にはちょうど( ´∀`)
b0183335_151465.jpg

お土産ショップで少し買い物して、松山空港へ向かいました。


短い旅でしたが、ツアーを二つ利用したので、
案外多くのところを見ることができたようでした。

ただ、この日は日本は春の嵐で、羽田空港着陸時に
大変揺れて大変だったようでした。

今回のお客様は、10組目 25.26人めです。
至らないご案内は何時ものことですが、
一緒に楽しむ余裕が出てきました。
でもそうなると・・・・写真が少ない・・・・笑

台湾に赴任中に
多くの知人が台湾を楽しんでくれることは嬉しい。
そして、日本と台湾が友好関係でいて欲しいので
小さな 「私ができる事」 と思っています。
by izumi_symphony | 2013-03-22 16:09 | 台湾観光
幼友達二人が台湾に遊びに来てくれました!
二度目の来台湾ですが、
最初は私達赴任してまだ一年になっていなかった頃。
今思えば、たどたどしい案内で申し訳なかった感じでした。

3泊4日の旅ということで、みんなの希望も聞きながら
それでも余裕のない旅はいやだし・・・・とかなり迷ってしまいました。

【第一日目】
 松山空港午後一時半到着
 市内ホテルにチェックイン
 台鉄利用で鶯歌へ
  
b0183335_18565853.jpg

  
b0183335_1859883.jpg
  
  長年の付き合いなので、二人ともここは好きだろうと私が決定。
  
b0183335_19247.jpg

  案の定!
  瀬戸物は重いので買物に限りがありますが、
  お小皿やぐい呑みを記念に購入しました!(やっぱりね・・・・)
  
b0183335_1922964.jpg
  
  

  台鉄利用も結構楽しい・・・・
  台湾ならではの 車内でのお弁当食べる光景 
  不思議な臭いを体験してもらいました。
  30分の乗車はちょうど良い距離でした。
 
 夕飯は、やっぱり小籠包! 
 台北長春路「金品茶樓」 にしました。
 
b0183335_1942654.jpg

 いろいろ注文してはしゃぎながら食べていたら
 隣の席の日本人の男性旅行者から
 「カニみそ豆腐鍋が美味しいよ」 と薦められ
 追加の注文をしました。
 が、お店の人に食べきれないよと言われ・・・・・
 半信半疑で断念しました。
 しかし!!その通りでした! 
 東坡肉は、肉まんの皮のようなもので
 お肉を挟んでくれたので まんぷくー!
 台湾のハンバーガ として有名らしいのですが
 私は初めてで、すごーく美味しかった!(写真なし笑)
 
 一日目は久しぶりに3人でホテルにお泊り・・・

【第二日目】
 高鐡(新幹線)で台中へ
 予報では雨だったのですが 台中に着いたら期待通り晴れ。
 普通にシャトルバスに乗り 市内を眺めながら我が家に到着!
 10階の眼下に見える台湾町並みをご披露 笑
 
 昼食は蝦ワンタンのお店へ 
 
b0183335_199045.jpg

 お薦めの蝦ワンタンと 魯肉飯 など。
 
b0183335_1992144.jpg

 
b0183335_1995340.jpg

 
 次に果物生ジュース
 台湾は果物が豊富で安いのでこの値段で買えるのは嬉しい
 
 そして鹿港へ
 老街はやっぱり絵になるし、お店を覗くのも楽しい。。。
 
b0183335_1914038.jpg

 
b0183335_19142536.jpg
    
 
b0183335_19144015.jpg

 
b0183335_19152222.jpg

    

 二人のホテルにチェックイン後
 以前来た時とずいぶん奇麗になった緑園道を散策しながら
 夕飯へ 
 海鮮レストラン 「東引釣客」 ここは私達が自ら開拓した一押しレストラン!
 台湾ならではの海鮮料理の注文の仕方や調理を味わってもらいました。
 (残念ながらここも写真なし)
 
 台湾に来たらやっぱり 「夜市」 台中で一番賑やかな逢甲夜市へ。
 平日の夜なのに人の多い事にびっくりです。
 お店を見て回りながら 臭豆腐 のニオイもご披露。。。
 行きも帰りもすごい乱暴でスピード狂のタクシーにスリルを堪能(?)


【第三日目】 朝から快晴!!!今日だけは晴れて欲しいの願いがかなった!
 日月潭へドライブ、我が家から一時間弱。
 今回は日月潭から九族文化村にロープウェイで行きました。
 
b0183335_19183777.jpg

 晴れててホント良かったとしか言えません。
 
b0183335_19192216.jpg

  
 昼食は、水餃子や炒飯、青菜、湯など。
 水餃子はやっぱり好評!モチモチ皮が本当に美味しい。
  
 それから、とんぼ玉のお店に行きました。
 以前から見ていた アンティックネックレスを 今回は思わぬことにGET!
 台湾赴任の記念品として・・・・ふふふ 
 
b0183335_19203034.jpg


 それから少し時間が早かったので急遽 
 今話題の南投県のパイナップルケーキ屋さんへ!(いいね、ここが個人旅行)
 道中本当にこんなところに有名なお店があるのかな?と思いきや、
 きゃー!こんなに賑わってるー!観光バス数台路駐!

 
b0183335_1925785.jpg

 工場の前に販売店があり、その前ではおひとりさま一個のパイナップルケーキと
 お茶のサービス。台湾らしいーーーー。
 
b0183335_19261891.jpg

 その周りでは 野菜や果物の便乗店が賑やか・・・・これも台湾らしい。笑
 
b0183335_19265318.jpg

 パイナップル畑 台湾ならでは。
 
b0183335_19474771.jpg

 
 このお店は、台北、上海 香港に出店してて、近々原宿にもオープンとのこと。
 すごいねー、あの小籠包で有名なお店みたい。
 さて、原宿ではいかほどの金額になるのかお楽しみ。
 
 予定にはなかったけど、行ってみたかったお店に行けて良かった~


 台中に戻り 近所のお店をぶらぶら・・・・
 親しくしている私の台湾人お友達にちょっと会ったりして、
 台中私生活を垣間見ていただいたかも。
 
 そうそう私達が気に入っている竹製品のお店「大禾竹藝工坊」にご案内しました。
 私達も気に入っている 竹の碗 を記念に購入してました。
 決してお店のまわし者ではありませぬ。
 でも台湾でしか買えないからね・・・・喜んでもらって嬉しい


 夕飯は台湾料理庶民飯館 「大旺角」へ
 今回は意識的に高級レストランははずし、徹底的に庶民台湾食を選びました。
 蕃茄炒蛋 菜脯蛋 などの卵料理や 炒山蘇などの野菜料理を。
 (またしても写真なし)

  夕食後は高鐡で台北に戻りました。
  
  最後の夜なので 足裏マッサージへ行き 
  盛りだくさんの3日目が終わりました。

【第四日目】 残念ながら大降りの雨!
  予定では 歩いて総統府や二二八公園 台湾博物館 などに行って
  少し歴史的な所にご案内するつもりでした。
  雨ではとても行けません。ゆっくり、のんびりホテル滞在とあいなりまして候。
 
  そして最後の食事となる昼食は、「小籠包」また。
  台北長春路 「京鼎樓」へ。

  
  松山空港で、どうしても飲んでほしかった
  春水堂の「珍珠奶茶(タピオカミルクティー)」を味わってもらい バイバイーーー!!



今回は9組め、のべ23、24人目の来客でした。
いつもそうですが 私のテンションは上がります。
みんなが喜んでくれる顔、楽しんでくれている様子を見るのが好き!


  
 
  
by izumi_symphony | 2012-12-16 19:52 | 台湾観光
今日は新竹方面です。初めて行くところなので楽しみです。
お天気は上々。
参加者12人、私を含めて4人以外はメンバー交代。もっと詳しく言うと私以外の3人は、
台湾大学の留学生。
日本から連休を利用して台湾旅行を楽しんでいる方と
台湾在住の働く若者たち。台湾で働いている人(駐在員ではない)は結構いらっしゃって、
そういう方達は、本当に頑張っているし偉いなーと思います。

さて新竹は、ビーフンで有名。(すぐ食べ物と関連付け 笑)
台北の南西に位置する産業都市です。
「台湾のシリコンバレー」「サイエンスパーク」と呼ばれ
外資系企業が多く、それに伴い外国人が多く住む街です。

日本統治下 都市整備が行われ、整然とした街や建物がありながら、
それ以前の古い物も混在しています。

最初は
【 旧新竹神社の跡地 】
ここは戦後、中華民国政府に接収され、「靖廬」と呼ばれる不法滞在者の収容所になっていたそうです。
その関係で、立ち入りはもちろん、門の外でカメラをもってうろうろするだけでも
監視の眼が光るという状態だったそうです。
今回は特別新竹市政府のご協力で特別許可が下りて、中に入る事が出来ました。
最初の門では何だか物々しい感じでしたが、その理由がわかりました。
b0183335_17485236.jpg


中に入ると 一転して日本風の庭園!
b0183335_1749691.jpg

b0183335_17501763.jpg

b0183335_17504251.jpg


本殿脇には見事に生い茂った黒松が!ちなみに新竹市の市樹は黒松です。
b0183335_17495212.jpg



次は
【 新竹州庁舎 】現在の新竹市政府を訪問しました。
b0183335_1751145.jpg

日曜日にもかかわらず、館内を見せていただきました。
正面玄関の中から外を見ると 街の中心の道路が真正面に!
b0183335_17515654.jpg

b0183335_1753164.jpg


最後にマスコミの取材を受けました。
新竹を訪れる日本人旅行者は珍しいのでしょうか。


そして、今日の昼食は台湾の郷土料理
【 新陶芳 】
b0183335_17541854.jpg

4階建のビルで満員でした。日曜日なので家族や親せきの人達と大勢で
昼食を楽しんでいる感じ。当然館内はすごいにぎやか。笑

今日も片倉さんにメニューを決めてもらいました。

鶏の一羽丸ごと蒸したんですね、豪快。柔らかくて美味しかった。
b0183335_17545620.jpg


これは鶏肉牛蒡が入ったスープで味は薬膳ぽい。
このお店のお薦めだとか。
b0183335_17551792.jpg


クリームパン 時々台湾料理に出てくるんです。
b0183335_17555144.jpg


モロヘイヤの炒め煮ちょっとピリ辛でおいしい。
b0183335_1756410.jpg


写真はこれしかないのですが、実際はこの倍の品数があったかも。
おしゃべりや食べるのに夢中になり これしか撮っていない~笑

午後は
【 新竹城隍廟 】 
b0183335_1757562.jpg


台湾で良く見かける寺廟ですが、参道に押し寄せるように立ち並ぶ小吃のお店がすごい。
台中では見かけない光景ですが、旧い町に多いとか。
b0183335_17581922.jpg

b0183335_17581977.jpg

b0183335_1759918.jpg

さすがビーフンのお店が多い
b0183335_1759859.jpg


私達は昼食後だったので、この寺廟の後方にある
【 阿忠冰店 】でカキ氷を食べました。
b0183335_17595266.jpg


ここは パイナップルを煮込んだシロップのカキ氷が有名らしく
私はそれをいただきました。
b0183335_1802048.jpg


このお店は5階建ての大型店でかき氷一筋でこのビルが建っちゃうのも
すごいし、台湾らしい。
最上階から寺廟が見える事も看板になっているようです。
b0183335_1834521.jpg


そしてここでもマスコミの取材を受けました。笑
次の日の何社かのネットニュースに出ていました。


次は
【 トーチカ 】日本軍が残していったトーチカを観ました。
b0183335_1851321.jpg


説明がなければ 何なのか全く分かりません。
民家にくいこんでいるように残っています。
     注)トーチカ 鉄筋コンクリート製の防御陣地


その後
【 聖軍堂 】を訪問
b0183335_187455.jpg


不特定多数の日本軍人と台湾人軍夫を祀る廟は非常に珍しいとのこと。


【 新竹駅舎 】ドイツ風バロック建築

ここで、夕方の5時はとっくに過ぎていたので、私はここで最後としました。
台北に戻るとロスタイムなので、ここで台中に帰る事にしました。
バスから降りてみんなを見送ってから
ゆっくり駅舎の写真を撮ろうと思っていたのですが忘れてしまいました。苦笑

台鉄新竹駅から高鐡新竹までタクシーで行き、高鐡で台中までは30分くらいでした。
無事二日目の日程を終えて台中に戻りました。





すごい充実した二日間のツアーでした。
片倉さんのガイドがすばらしかったのはもちろんですが、
台湾大学院で台湾の歴史を研究している方がアシスタントをしてくださいました。
台湾人の運転手に行き先を告げる時の彼の中国語に耳を傾けました。

それから、訪問の先々で私達を歓迎してくれる台湾の人達。
本当に皆さん親切で好意的だった事には、改めて感謝です。

そして、せっかく台湾に滞在しているのだから、
もっともっといろんな所やいろんなものを見て聞いて知ろうと思いました。

今までは漠然と台湾生活を送っていたな と、もったいない気がします。
が、仕方ない。笑
by izumi_symphony | 2012-09-22 18:27 | 台湾観光
片倉佳史さんと行く台湾200%満喫の旅に参加しました。
15日は台北歴史建築ツアーで、16日は新竹漫遊ツアーということで、
私は欲張って2日共参加しました。
6月ごろ台南ツアーを催行されている様子を見て、面白そうだなと思っていました。
今回はその2回目として台北歴史建築ツアー 3回目として新竹漫遊ツアーの催行でした。


片倉佳史さんは16年間台湾に住まわれ、台湾関係の書籍やガイドブックなど多数執筆されています。
最近は、台湾、日本各地で台湾についての講演会が催されています。
私家には片倉さんの本が偶然3冊あり、特にガイドブックは必帯です。
b0183335_10455341.jpg


私は台湾に住んで3年経ちますが、台湾の事を知らな過ぎだなと思っています。
特に歴史に関しては知識がないので、良い機会だと思いました。
事物を観てから書物を見るタイプなので。。。。。

一日目の台北歴史建築ツアー
あいにくの雨模様。(朝出かけるときの台中は快晴でしたが)
歩いて回る所は行けないので、若干予定変更とのこと。
参加者15人(台湾在住の人と日本からの旅行者、台湾大学の日本人留学生)は、
マイクロバスに乗り、早速片倉さんの台北の歴史の概略から伺いました。
あふれんばかりの知識の豊富さと、わかりやすい話し方で
マイクロバスの中は講演会と化しました。
以下覚書を少し書きます。

  ・台北は400年ほど前に台南南部から北上してきた漢人によって開拓された。 
  ・もともと台湾の首都は台南だった。台南人は今も自分達を「府城人」と言う。
    台北に首都が移ったのは1876年。
  ・日本統治が始まったのは1895年(明治28)。まずは、道路の整備と疫病対策のため
   下水の整備を始めた。
  ・官公庁の建築は威厳を呈する為に西洋式スタイルを踏襲していた。
   台湾総統府をはじめ、今もたくさん残っている。修復したりしてカフェやサロンに再利用されている。
  ・日本統治後は都市計画により整備され1940年(昭和15)の台北の人口は34万人を超え
   日本で11番目の都市になっていた。
   終戦直前の台湾の総人口は627万、うち「内地人」と名乗った本土出身者は45万人だった。
  ・終戦後蒋介石率いる国民党政権が統治する事になり 台北は中華民国の首都となった。
   同時に名数の移住民が入り込み、台北は外省人(在台中国人)の比率が台湾の中で最も高くなった。

雨が小ぶりになったので、衡陽路大三元酒樓(高級広東料理店)から中山堂まで街並みを眺めながら歩きました。
この辺りは、銀行などが多かったらしく街並みも建物もきれいで整然としています。
道路は、当時にしては道幅が広く歩道もあるので奇麗です。
b0183335_10555750.jpg


これは時計やさんの名残、丸いところにはきっと時計がはめ込んであったのでしょう。
b0183335_10563556.jpg

b0183335_10581262.jpg


ここは台北信用金庫、今は【 合作金庫銀行 】です。
b0183335_10595975.jpg

上の方にフクロウの装飾があります。夜間はこのふくろうが見張ってます的な。笑
                                                   ↓
b0183335_1113053.jpg



【 台北中山堂 】
以前は「台北公会堂」と言いました。
b0183335_11191117.jpg

当時流行した鉄筋コンクリート構造を基本し、外壁には北投窯場で生産された浅緑タイルを採用
また台湾では珍しいアラブ様式の窓などが特徴です。
b0183335_11251078.jpg


現在も演劇や音楽の発表の場となっています。
時々日本の演劇も上映されています。
2階にある「堡塁珈琲」はなかなか良い感じです。

ここからバスで【 台北故事館 】へ。
ここは、以前花博の時に来ました。

b0183335_14262582.jpg


茶小富豪の陳朝駿の別邸だったそうです。
一階の外壁は赤レンガで覆われ、二階は木造になっています。
壁の地はクリーム色で、曲線が面白い自然材が装飾に使われています。
b0183335_11274011.jpg




昼食は、 【 川唐客家料理 】 これぞ台湾料理!味が少々濃くご飯のおかず的。
b0183335_14274785.jpg

片倉さんがお薦めの料理を注文してくれました。
写真は全体的にピンボケ ごめんなさい。

炒麺 コシのある麺 
b0183335_14293296.jpg

ニガ瓜の煮もの
b0183335_14322470.jpg

白菜と鶏肉春雨の鍋物
b0183335_1433518.jpg

豚肉の甘味噌炒め風
b0183335_14385225.jpg

こちらは豚肉の塊を海藻の様なもので味付けしてありました
b0183335_14394997.jpg

揚げいんげんの炒めもの
b0183335_14403598.jpg

そしてこれ!!水蓮菜の炒め煮
これがシャキシャキしておいし!蓮の茎です。
これは特においしく、いつも市場で見かけていたのですが
どうして食べていいかわからなかったのです。
b0183335_1444428.jpg


食事をしながらも片倉さんの台湾話が続き お腹も頭も一杯になりました。


午後は
【 国立台湾博物館 】 

何んと豪華!主要部に使われている大理石はイタリヤ製だとか。
b0183335_1448678.jpg

頭上のステンドグラス(どうして私写真とらなかったんだろう)もまた豪華。

設計者は、台湾総統府技師の野村一郎、この人は他にも多くの官庁建築をてがけています。
当初児玉源太郎(第四代台湾総督)と後藤新平(民政長官)の偉業をたたえるためを
目的として建設されたもので二人の銅像が2階にありました。

すごく奇麗な建物だったのに全体の写真も天井のステンドグラスの写真もない。泣
今思えば お腹がいっぱいで力が抜けていたとしか思えません。
また行きます!




次は
【 景美人権博物館 】 
ここは、中華民国政府が行った白色テロ(蒋介石一派による反対派粛清と弾圧)で逮捕した人達を
収容した牢獄跡です。
実際に不当逮捕され20年あまり投獄生活を強いられた
郭振純さんに館内を案内してもらい、その後お話を伺いました。
もちろん奇麗な日本語で85歳をとっくに超えているとは思えないほどはっきりとした声で
胸のうちを語ってくださいました。

裁判官・医師・役人をはじめ日本統治時代に高等教育を受けたエリート層が
次々と逮捕・投獄・拷問され、その多くは殺害された白色テロのこと。
20年以上も牢獄で耐えられたのは「日本のこころ」が郭さんをささえたと自らおっしゃいました。

あまりにも衝撃的なお話で、それについての感想を文字にする事はできません。
台湾の歴史をみる為には政治が必ず絡みます。
そして多くの命を犠牲にしている暗い過去は事実です。


最後はかなり重たい見学でしたが、知るべき事を知りました。



このあとは、有志だけで夕飯となったのですが、片倉講演継続しながらの
食事会でかなり有意義でした。

この夜は、台北のホテルに一泊。
もしかしてたった一人でホテルは初?かも。たぶん。
久しぶりに充実満足して疲れましたー。
by izumi_symphony | 2012-09-20 15:25 | 台湾観光