人気ブログランキング |

<   2010年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今日2月28日は、旧暦で正月15日で、
元宵節 上元節 といわれます。
この日は、1年の初めの1カ月の真ん中の日で、
「大地が春に帰る」ことを象徴し、
各家庭で豊作を祈願する習わしのようです。

台湾各地で、この元宵節に催しものがあるようで、
台中でも「ランタン祭り」が行われました。

子供たちが晩に提灯を持って、花燈を観に行く習わしとのこと。

b0183335_19125674.jpg


私たちも行ってみたのですが、会場にあった提灯は、

b0183335_1915234.jpg

b0183335_19155350.jpg


ご覧の通り 何だか現代的なキャラクターものばかり・・苦笑
伝統的な行事なのに??(奇怪~)

それから「湯圓」と言われるお団子のようなものを食べるのが習慣だそうです。
そして、この日でお正月が終わることになるということです。


さて、そんな日の今日は、日中28度以上ありました。
明日から3月ですが、もう夏到来を感じました。
by izumi_symphony | 2010-02-28 19:23 | 台湾観光
4日め最終日は、午前11時30分ホテル出発まで、自由行動でした。
2~3時間ででかけられたのですが、私たちは充分満足な観光だったので、ホテルでのんびりしました。

b0183335_17182778.jpg


シェムリアップ空港まで、ガイドのナントさんに送ってもらいました。
日本人がとっても多かったのに、さすが私たちの飛行機は、
ベトナムから台北方面の飛行機なので、待合場所には日本人がいなくなりました。
と思ったら、私の名前を呼んで話しかけてくれた方が!!
こんなところで私の名前を知っている人!!
台中在住の日本人ご夫婦で、
以前日本人会婦人部の説明の場所でご一緒した方でした。
ベトナム ハノイ2泊とシェムリアップ2泊の旅の帰路だとのこと。
春節脱出の日本人に遭遇です。驚きました。笑

さてベトナム飛行機は、ベトナムに里帰りした子供ずれの家族が
台湾に戻る時期と重なったらしく、大変な混みようでした。
びっくりしたのは、離陸の時に、省エネの為でしょうか、冷房が効きません。
暑さと騒音から泣きじゃくる赤ちゃんの声で大変でした。
大移動に巻き込まれての旅行だったことに気づきました。

b0183335_17295517.jpg




今回の旅の計画は、最初に春節の過ごし方をどうするかから始まりました。
初めての台湾のお正月なので、どんな風なものか垣間見たいが、
10日間台湾に居るのも・・・ということで、3日~4日で行けるところを探しました。

のんびり夫婦で海外旅行は、4年振り。
今まで行ったところと違った点というと、「発展途上国」訪問でした。

カンボジアは、世界遺産の「アンコールワット遺跡」が唯一大切な収入源です。
b0183335_17311238.jpg


子供や地雷で足を失った人たちの物乞などは、貧困を物語っています。
b0183335_1733742.jpg


いろんな場面で、考えさせられる事が多かったのですが、
私たちがこの国を訪れたことは、とても意義があったと思います。

さらに付け加えたいことは、カンボジアの人たちは、
とても優しく親切でした。
私が、レストランに忘れてしまった上着。。
翌日ちゃんと手元に!
ここは、「Thank you very much!!」
by izumi_symphony | 2010-02-26 17:43 | 旅行
日の出を見に行きました。
5時40分にホテルを出発し、アンコールワットに行きました。
こんなきれいな朝焼けをじっくり見たのは初めてです。

b0183335_17554069.jpg


ホテルに戻り朝食後、今日は大回りコースと言われているところを回りました。
アンコール遺跡の中でも古く、昨日見て回った遺跡の外側周辺にあります。
プレループ→東メボン→ニャックポアン→プリアカーン
今日から私たち二人にドライバーとガイドが各一人の4人です。
何んと贅沢な旅。

プレループ
b0183335_17564348.jpg


東メボン
b0183335_17572668.jpg


ニャックポアン
b0183335_175895.jpg


プリアカーン
b0183335_17585698.jpg


昨日までの遺跡と違って、観光客が少ない!
それだけで、涼しげで余裕を持って見ることができました。

予定より早めの昼食。今日は多国籍料理のバイキング。
やっぱり二人だけの食事は、さびしい~。
デザートは、今日街で作っているのを見たものだ!

b0183335_17594421.jpg

b0183335_1801223.jpg

中心のピンクの部分は、サツマイモの様な自然な甘さで
周りの白いところは、もち米です。手がこんでる!すごく美味しい~


午後は、3時過ぎまでホテルで休憩とのこと、有難い!笑
2Gのデジカメのメモリーカードが一杯になってしまったので、
メモリーカードを買いに連れて行ってくれました。
こういうところは、融通がきいて助かります。

b0183335_1825311.jpg


3時過ぎ ロルオス遺跡に。

b0183335_1834622.jpg

b0183335_1841967.jpg


最後のロレイ遺跡では、夕焼けがきれいに見えるとのことで
しばらくのんびりとしました。
b0183335_1865986.jpg


日本人の学生たちから教わったと
「すげー!」をガイド役のナントさん(20代男性)が連呼していました。

夕焼けを待ちながら、ナントさんは、カンボジアの人びとの暮らしぶりなどについて
個人的な事を含めて話してくれました。
今日は、特にカンボジアの郊外に行き、観光地では見られなかった
現地の人の暮らしをみて、いささかカルチャーショックだったので、
大変興味深い話でした。
良くテレビや雑誌などで聞いたり見たりしている事ですが、
実際見るとかなり刺激的でした。
特に予防接種を40度近い炎天下に待つ行列。
一日に200人しか受けれないので、それ以降はまた翌日並ぶとのこと。
私たちが今朝、朝焼けを見に行く時もすでに並んで待っていました。
あんな炎天下にいたらそれだけで具合いが悪くなりそう。
子供たちは、裸とはだしでした。
小学校は、先生の数が足りないので、午前の部と午後の部とに分かれて
半日授業だそうですが、学校に行ける人はわずかでしょう。
お母さんと果物を売っていた男の子のおおきな目が印象的でした。
b0183335_18143530.jpg


今日が最後の晩餐ですが、暑さの為の疲れとちょっとショッキングな光景とで、
中華料理のコース料理が全く食べれません。泣

ホテルに戻り予約していたマッサージで疲れを癒し、就寝しました。
by izumi_symphony | 2010-02-25 18:15 | 旅行
カンボジア2日め。
ホテルの朝食時 日本人の年配の旅行者が多いのに驚きました。
ホテルの朝食のパンがおいしいのに感激。
ここは、フランスの占領下だった影響でしょうか。
b0183335_177115.jpg


アンコール遺跡巡り2日めは、
アンコールワットの北の方にあるアンコールトムとその東周辺の遺跡。
午前中は、スラ・スラン→パンテアイクディ→タプロム→タケウ

スラ・スラン 王が沐浴した神聖な巨大池
b0183335_1784261.jpg


パンテアイクディ
b0183335_1791992.jpg



シンハ像
b0183335_17101021.jpg


b0183335_17103443.jpg


タブローム  大自然の木の根と遺跡の融合
b0183335_17105794.jpg



タケウ
b0183335_1712629.jpg

私は、このタケウでは、急こう配階段と聞いて、断念。
階段より暑さにめげました。涙
旅行の中盤なので、無理は禁物ということで。

この眺めは私は見ていません。
b0183335_1714229.jpg




昼食はカンボジア料理
b0183335_17151566.jpg


かぼちゃのデザート 白い部分はココナツ味のムース?
b0183335_17155348.jpg


満腹になり元気回復!!


午後は、アンコールトム 南門→バイヨン→バプーオン→ピミアナカス→像のテラス
→ライ王のテラス

バイヨン
b0183335_1717281.jpg

b0183335_17172350.jpg
b0183335_17174360.jpg


像のテラス
b0183335_1718771.jpg



3時過ぎにホテルの戻り夕方まで休憩。
ホテル付近を散策

b0183335_17195869.jpg

b0183335_17203398.jpg


マンゴーの木がホテルの庭に。朝食の果物に?
b0183335_12371987.jpg




夕飯は、カンボジア料理。
カンボジア料理は、とっても数が多いらしく
同じ料理が出ることはありませんでした。全く飽きません。
野菜中心で香料や刺激が少ないので、日本人好みなのでしょうか。

b0183335_17225974.jpg


昨日から一緒に遺跡巡りをした、Uさん家族(台北在住の日本人家族)とは
今日までで、明日からは別行動になります。
Uさんたちは、小学入学前のお嬢さんと3人家族。
明日からは、お嬢さんペースのスケジュールとか。

とっても暑くて疲れましたー。
けど、食欲はかなり・・・・・
by izumi_symphony | 2010-02-24 17:24 | 旅行
2月15日から18日までカンボジアに行きました。
台北桃園空港よりベトナムのホーチミンに行き、
ホーチミンよりシェムリアップに行きました。

b0183335_1844693.jpg

b0183335_1845697.jpg


シェムリアップは、アンコールワット遺跡のある都市です。
台北からは、半日で着くので3日間観光できました。

台北からホーチミンまでの飛行機は、
搭乗間際に「アップグレード」となり、ビジネスシートになりました。
ラッキー!!(実は私たちこれで3度目)

お昼すぎにシュムリアップに到着したので、さっそくカンボジア料理の昼食となりました。
カンボジア料理は、想像以上においしくてご機嫌でした。

b0183335_18505754.jpg

b0183335_18512888.jpg


さっそくアンコールワットに。
たぶん40度近くあったと思います。すごく暑かった!

カンボジアで9世紀初頭から600年以上
続いたといわれるアンコール王朝(クメール王朝)
特に王朝全盛期の12~13世紀に建造されたものは
代表格となっており、その中でももっとも有名で規模も大きいのが、
アンコールワットです。

b0183335_18524637.jpg

b0183335_18532073.jpg


回廊の壁面に残っている彫刻 
長い長いいくつもの回廊の壁面は、かなり見ごたえがあり
壮大な美術館でした。

b0183335_1857336.jpg

b0183335_191528.jpg


それからバケン山という小高い丘の遺跡に夕焼けを見に行きました。
この日は、春節の時期だったので、中国人の観光客がとっても多く
静かに夕焼けを観賞する雰囲気ではありませんでした。笑

b0183335_1914121.jpg


夕食は、アプサラダンスショーを楽しみながらいただきました。
私たちの席は、ステージに近く、座って写真を撮れるほどでした。

b0183335_1923336.jpg


お客は、多国籍です。
朝3時に家を出てから、ホテルに着いたのが夜の8時30分。
長い長い盛りだくさんの一日が終わりました~。
by izumi_symphony | 2010-02-23 19:04 | 旅行
旧暦のお正月 春節 です。
今日2月14日は、元旦です。
台湾では、このためバレンタインデーの色は全くありません。
ごあいさつは「新年快楽!(シンニエンクワイラ!)」

b0183335_17274654.jpg


昨日は 除夕 といって大晦日にあたりますが、
昨日の夕方からみんな家族が集まって
年菜(おせち料理)を食べて 年を越します。
昨日の夕がたは、街の中が閑散としていて
お店なども早く閉めたようです。

年菜は、音のごろ合わせで喜寿を願うものが
食卓に並べられます。

例えば

韮菜の韮は ジョウ と発音しますが
ジョウ≒久(ジョウ)で 永久を意味する。
切ることはタブーで長いままです。

魚 は ウ と発音しますが、
ウ=餘(ウ) 財が余るを意味する。
全部食べきることは、タブーです。

發糕は 發財を意味します。
b0183335_17243126.jpg

黒砂糖入りの蒸しパンです。

また、 春 や 福 を逆さまに
書いたものを貼ってあるのを見たことがあると思います。
b0183335_17253729.jpg

あれは 倒 トウ= 到 トウ で
春や福に到る つまり 春や福を呼ぶ の意味です。

除夕には、夜更かしをし、
夜更かししたぶん父母が長生きをすると言われています。

それから 花火やバクチクで「悪」を追い払うとのことで
深夜にかなりの音が響きます。

元旦に当たる日は、
拝拝(パイパイ)と言って
先祖のお参りにお寺や神社に行きます。
b0183335_17265077.jpg



さて 午後から街に出てみましたら
人出が多くてびっくりです。
SOGOデパートでは 福袋 が売り出されたようでした。
福袋ではなく 福鞄!! ご覧の通りです。

b0183335_17283999.jpg

b0183335_1729977.jpg


番号が振ってあって どうも抽選が行われているようでした。
中身や値段を知りたいと思ってのですが
わかりませんでした。

私たちは、台湾でのお正月は初めてです。
何と嬉しいことに台湾のお友達が
「焼きビーフン」を届けに来てくれました。
感激&感謝

b0183335_1732113.jpg


謝謝!!
とっても美味しかった~!!
by izumi_symphony | 2010-02-14 17:33 | 台湾生活
先日、 年貨大街に行った時のお昼ご飯に行ったレストラン。
「阿水獅猪脚大王」というお店で、ガイドブックにも載っています。

b0183335_1532143.jpg


猪とは、豚のことなので、猪脚とは、
つまり 豚足 でございますー。

私は苦手な分野なのですが
集団行動ですから・・・・仕方なく
食べましたよ!!

b0183335_1541435.jpg


かなり煮込んであるので
コラーゲンの塊をいただいた感じでした。
私のは写真のように
あまり形はありませんでしたが
お隣のは、爪もちゃんとわかりました。

それより これ!!

b0183335_1545866.jpg
b0183335_155203.jpg


私は、スープだけ味見をしましたが、
とっても濃厚でした。

他にも猪血とか、食べる意欲が失せるもの
多いのですが、
長く台湾にいるうちに 好物 となり、
日本に帰ると恋しくなるという話を聞きました。

さて、私はどうなるのでしょう?!
お正月を迎えるためのいろいろなモノを売っている市です。

b0183335_17592090.jpg


糖果(キャンディー)の市
b0183335_180778.jpg

お正月に子供たちに配る習慣があるようで
沢山の種類がありました。
めずらしい物では、リュウガンのキャンディ。
試食したところ、見た目は日本にもあるような物ですが
甘さ加減と酸っぱさ加減、触感などちょっと違います。

平安符(お守り)
b0183335_180591.jpg

日本のように神社でも売られているようですが
ここでは、店主がその人の人相をみて
その人にあった物を選んでくれます。

あなたはまだ若いけど(??)歳をとったら幸せになります。
人に優しいあなたはこれ↓
b0183335_1815883.jpg

まあ可愛いからいいかっ。と購入(笑)


春聯 玄関などに貼ったり飾ったりする物です

b0183335_1825936.jpg

b0183335_18172521.jpg


紅包 お年玉入れ

b0183335_1833882.jpg


因みに日本では、子供にあげるものとされていますが
台湾では、成人した子供が親にあげることもあるようです。
いいなあ・・・(ひとりごと)
新年のあいさつに
「恭喜發財、紅包拿来!」
といってお年玉をせがむ言葉があるそうです。


この日は、気温が30度以上あり、とても2月とは思えませんでした。
中国語を習っている学校の企画に参加したのですが、
参加者はほとんど30代前後のフレッシュ太太(既婚者の女性の呼び方)でした。
個人レッスンのため、生徒同士の交流はあまりありません。
今回は12人の参加でしたが
こんなに日本人がいることにびっくりです。
小さいお子さんがいる方や、新婚さんもいらして
みんな異国で頑張っているんだなあ・・・と思いました。

2年以上滞在しているかたからすると
1年経過したころから いろいろ楽しめるようになるとのこと・・・
期待しましょう!!
by izumi_symphony | 2010-02-12 18:14 | 台湾生活
街は、年末年始の準備モードです。

干支は、日本と同じで寅年です。

b0183335_1958097.jpg


また、お年玉の習慣もあり、お年玉を入れる袋は
「紅包」といい真っ赤な袋です。

b0183335_1958363.jpg


日本にあたる「おせち料理」は
「年菜」といって 各家庭でつくるようです。
年菜 を作るための市 もでるようで、
「年貨大街」と言うようです。

来週この 「年貨大街」に
連れて行ってもらえることになりました。
しかもバスを利用するということで
初バス体験です。

バスの乗り方知りたかったので、
とても楽しみにしています。
来週レポートします!
by izumi_symphony | 2010-02-05 19:58 | 台湾生活
旧正月を迎えるというのに 「ひまわり」 が咲いています。

b0183335_19333594.jpg


私は、実際には見ていませんが、
パートナーが会社に行くときに何時も通るそうで・・・

去年の3月ごろは、「こすもす」が咲いていてびっくりしたとか。

つまり、台湾は四季の花がぐちゃぐちゃ??(あっ失言)
四季の花とは、日本の基準で分類しただけと思えば
そう不思議ではないと思うようにします。
ここは、台湾だから。(笑)
by izumi_symphony | 2010-02-04 19:33 | 台湾生活