人気ブログランキング |

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

b0183335_152950100.jpg
街道をゆく40 台湾紀行 司馬遼太郎 朝日文庫

「国家とは何か」をテーマとし台湾を描いた長編旅行記です。
1993、94年に台北 高雄 台東 花連を訪ねた時のものです。

訪れた各地の歴史的悲話や感動シーンは、すでに他の著者も書籍にしているものですが、
司馬遼太郎ならではの世界史に基づいたわかりやすい説明が多くてうれしい。
台湾の史実と日本、世界の歴史の位置関係が明確なので、新たな理解となりました。


当時の総統李登輝は、司馬遼太郎を友達として紹介しています。
この本でも二人の対談が番外編として載せてあります。
そして「誰よりも大陸中国のひとたちに読んでもらいたいと思っている。」と記してあります。


本文の蒋経国(蒋介石の長男)が李登輝を副総統にした経緯の部分。
「蒋家の者が権力を継承する事はない」と宣言し1985年厳戒令を解除しました。
そして「台湾はやがてあなたたち(本島人)のものになる」と発言し、
後継者を歴とした台湾人で穏やかな学者である李登輝氏にした。
「蒋経国は、私としての権力の命数を良く知っていた人で、台湾人の俊才を認めていた」、
またこの事は、「台湾の人々の表情が一挙に穏やかになった」とあります。

蒋経国は、蒋介石の長男でありながらも、時代の変化や国民のために
冷静かつ公平な判断をした英雄ではないのでしょうか。


それから私が特に感動したのは、

著者と同行していたN氏は、台北で生まれた鹿児島県の「湾生」でした。
湾生とは、日本の統治時代に日本人の子として台湾に生まれた人のこと。
旅の途中のある学校の陸上競技場を見るや否や 荷物を放り出し、上着を脱ぎ、トラックに入り走り出した。
どうやら往年の競技場を走る事によって、追憶と言う細胞に酵素を入れようとしているのかもしれなかった。
やがて戻って来てだまって上着をひろった。

人は、詩を言葉だけで書くものではなさそうだということを、ほのかに思わせられた。
by izumi_symphony | 2012-10-28 15:51 | 台湾関係書籍
b0183335_1923241.jpg
日台の「心と心の絆」素晴らしき日本人へ 元台湾総統 李登輝 宝島社

李登輝(りとうき)
日本が台湾を統治した時代の1923年台湾に生まれ、日本語教育を受けました。
旧制台北高校を卒業とともに、京都帝国大学農学部農業経済学科に入学します。
在学中に学徒出陣で陸軍に入隊し、
終戦後1946年台湾に帰り台湾大学に入学しました。
1972年行政院政務委員に就任、
78年台北市長、81年台湾省政府主席
84年台湾副総統、88年蒋経国(蒋介石子息)死去により総統。
その後12年間総統を務める。
台湾の民主化の功績者であり、1996年総統直接選挙を実施し、総統に再選されました。

著者は、「台湾人に生まれた悲哀」を抱きながら多種多様な教育を受けました。
22歳までは徹底した日本教育、戦後4年間は中華民国の大学教育を受け
そして4年間アメリカに留学しました。
その環境の中で、著者は特に「禅」に魅せられ、東洋西洋哲学、文学に深く触れました。
「台湾人に生まれた悲哀」を持った著者は、「日本精神」を培い、
台湾の歴史を変える政治家となったのです。
近年は、松尾芭蕉の「奥の細道」旅行をされた事は、驚きです。

著者は、最近の日本の政治家、若者に苦言を呈しています。当然の事でしょう。
中国と日本との関係を含め 世界の中の日本の未来を心配し激励をしています。
とても感動しました。

台湾を知るには、とても良い書だと思いました。
by izumi_symphony | 2012-10-21 19:36 | 台湾関係書籍
b0183335_1794914.jpg
台湾に生きている「日本」  片倉佳史著 祥伝社新書

実は2009年5月に台中に赴任するときに購入しました。
2009年3月5日初版なので、新刊書だったとは最近知りました。笑
しかし、しばらく活字に触れる事が出来なく、
数ページ読んだだけで、つい最近まで本棚で眠っていました。

先月片倉さんが企画する台北、新竹ツアーに参加し、片倉さんの人柄に触れ
多少申し訳ない気分で読みました。

「おもしろい!!」なぜ数ページで止めていたのかしら・・・・
片倉さんがまるで語りかけてくれているような錯覚で、心地よく読みました。

すでに行った事がある所は、史実を確認できたし、
これから行こうとしている「台東」は、事前知識となりました。

著者が現地の老人たちと様々なところで語り合う場面がありますが、
きっと著者のお人柄と物腰柔らかな語り口が、功を奏しているに違いないと感じました。

著者が宜蘭の飛行場跡を訪ねた時に出会った老人との場面。
今は飛行場が消え去ったが、人々の心に刻まれた戦争体験は消える事はない。
老人は苦労したのは台湾人だけではなく、当時台湾に暮らしていた日本人も同じだったと語っていた。さらに、「人間は同じ苦しみを味わった人とは一生涯、他人ではいられない」と言って恩師と学生時代の名を数人ほど挙げた。老人によれば、この地に生まれ育った日本人との交流は現在も変わることなく続いているという。

正に今、私達日本人が日常的に台湾の人たちから親切にしていただいている源です。
そして国と国がいかなる状況においても、個人レベルでの人と人とのつながりは
永遠に変わる事がないのだと思います。

そして・・・・
人生折り返し地点過ぎてからの海外生活が、ここ台湾で本当に良かったと思うこの頃です。
by izumi_symphony | 2012-10-14 17:19 | 台湾関係書籍
b0183335_1018440.jpg
台湾 日月潭に消えた故郷 
流浪の民サオと日本
坂野徳隆 株式会社ウエッジ

台湾の中心部にある湖、 日月潭は、台湾唯一の湖です。
もとは日潭と月潭の二つの湖があったようです。

日月潭は、日本統治時代アジア最大の発電所建設の為の貯水湖となりました。
その為に、この地にもともと住んでいた原住民のサオ族が居住地を奪われてしまいました。
このサオ族の悲惨な歴史を著者は10年間かけて調査しました。
作者とサオ族の長老との会話や
サオ族伝統の行事に実際に参加した描写はとても興味を引きました。


サオ族が犠牲になった台湾電力会社の完成は、結果的には「工業国台湾」を作る
大切な要となりました。
いつの時代も何処でも発展の陰には犠牲がつきものですが、
サオ族の存在は後世に残すべき史実です。
日本人どころか台湾人も案外知らないようで、そういう意味ではこの本はとても貴重です。


日本でも台湾の観光地としてここ数年日月潭をPRしているようです。
蒋介石が避暑として大変気に入っていたこの地に、
大型リゾートホテルが建てられ、そこも大人気です。

我が家から一時間強で行けるので、今まで何度か行きました。
最初の印象としては、箱根の芦ノ湖に似ている と思いました。笑
土日は観光バスで訪れる中国人の観光地とういう感じです。
しかし、ロープーウェイに乗り、日月譚を上空から見る眺めはとてもきれいです。
今回この本に出会ってサオ族の事を知ったことで、
「マイ台湾紹介スポット」に加えました。
by izumi_symphony | 2012-10-11 10:39 | 台湾関係書籍
先日台中港の魚港に海鮮レストランがあると聞いて出かけたのですが、
目的地に行けませんでした。

今回はリベンジ!
ありました!凄い賑わっています。
b0183335_038924.jpg

b0183335_0385084.jpg


この日は 中秋節 ということで、家族親戚友達と集まって
バーベキュウをするのが習慣となっている日です。
市場は新鮮な魚がたっくさん!
b0183335_039062.jpg

今はカニが旬のようです。
b0183335_0393191.jpg

蝦もご覧のとうり。
b0183335_0393329.jpg

これ、バーベキュウにはもってこい!

魚を指定して 料理をしくれるレストランも競争です。
b0183335_040723.jpg

いやー!美味しかった。

台湾は本当に食事処はどっこもエネルギー大です。